第46回日本骨折治療学会学術集会 開催について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが生じております。第46回日本骨折治療学会学術集会(2020年7月3日・4日)の開催につきまして、中止・延期・WEB開催等の可能性を、現在、理事会を中心に慎重に検討を重ねております。学術集会開催日の2ヵ月前の5月2日に、学術集会開催の有無の最終判断をお知らせする予定でございます。
査読、演題採用、座長、プログラム作成等は、例年通りのスケジュールで進めてまいりますが、開催延期等が生じた場合には、大幅な変更が生じる可能性をご承諾ください。
なお、オーバーシュート(感染爆発)等により、予定よりも早く最終判断を下す場合がございますので、こまめに日本骨折治療学会と第46回学術集会のホームページをご確認くだされば幸いです。

The pandemic of COVID-19 has occurred. Regarding the 46th Annual Meeting of the Japanese Society for Fracture Repair (July 3 - 4, 2020), the Board is currently carefully discussing the possibilities of Cancellation, Postponement, Webinar, etc. On May 2, two months before the date of the annual meeting, we will inform you of the final decision on whether or not the academic meeting will be held.
Abstract evaluation, decision of chairs, academic program production will progress as scheduled. In case of postponement, please understand that there may be significant changes of the usual schedule.
We may make a final decision sooner due to as overshoot or other of the virus, so please check both websites of the 46th annual meeting (http://www.congre.co.jp/jsfr2020/index.html), and this homepage.

2020年3月30日
一般社団法人日本骨折治療学会 理事長 渡部欣忍

日本骨折治療学会
第45回日本骨折治療学会

お知らせ

ページの一番上へ