第46回日本骨折治療学会学術集会 開催について

第46回日本骨折治療学会学術集会を2020年7月3日・4日に小倉で開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染のパンデミックのため、小倉での学術集会開催を断念し、9月以降に、オンライン学術集会として開催することに決定いたしました。
詳細につきましては追ってご案内いたしますので、学術集会ホームページをご確認ください。

理事会を中心に慎重に検討を重ね、9月や12月への延期も考えました。
しかし、感染が収束するかどうかは不確定であるばかりでなく、感染第二波による感染者数の再増加も考慮すべきです。学術集会により、感染クラスターを引き起こした場合、学会員の健康問題だけでなく、その社会的責任は甚大であり、医療者としての資質を問われると思います。

ここまで、学会の準備を進めて来られた、神宮司学会長のご苦労を考えると、心苦しいですが、整形外傷医としてのプライドを守りたいと思い、上記の決定といたしました。
学会員の皆様におきましては、オンライン学術集会にたくさん参加・応援してくださることを、心からお願い申し上げます。

The academic meeting of the 46th Annual Meeting of the Japanese Society for Fracture Repair (JSFR) on July 3rd and 4th, 2020, will not be held in Kokura as scheduled due to the pandemic of COVID-19. Instead, it will be held as an online academic meeting after September. So please check the website of the 46th annual meeting for the details which we will post shortly. (http://www.congre.co.jp/jsfr2020/index.html)

The Board has carefully discussed about postponing the meeting to September or December. However, it is not certain whether the pandemic itself will have settle down by then. Moreover, we should also consider the possibility of the increase in the number of infected patients due to the second wave of COVID-19. If the academic meeting becomes an infection cluster, not only the health of our members, but also the social responsibility would be enormous. Our qualifications as medical professionals will be doubted. We are very grateful to meeting chair Jingushi MD, considering all the hard work he has done in preparation for the academic conference up to this point, but we have decided to make the above decision as a professional orthotrauma surgeon.

We sincerely ask all academic members to actively participate in the online academic meetings, and to make this meeting a great one. Thank you for your understanding and your cooperation.

2020年5月1日
一般社団法人日本骨折治療学会 理事長 渡部欣忍

日本骨折治療学会
第46回日本骨折治療学会

お知らせ

ページの一番上へ