ホーム一般の方へ下肢の骨折> 大腿骨遠位部骨折

大腿骨遠位部骨折

松村 福広(東京西徳洲会病院 外傷センター)

はじめに

図1.黒丸に囲まれた部分が大腿骨遠位部

図1.黒丸に囲まれた部分が大腿骨遠位部

大腿骨は太ももの骨であり、大腿骨遠位部は太ももの膝に近い部分にあたります(図1)。

つまり大腿骨遠位部骨折は“膝の近くの太ももの骨折“ということになります。 症状は膝周辺の痛みと腫れ、歩行ができないなどです。
膝に近い部分の骨折ですのでうまく治療しても、膝の動きが悪くなったり歩行に支障をきたしたりして日常生活が不便になる可能性がある、治療の難しい骨折の一つです。

【骨折の特徴】

本骨折を生じる原因は大きく分けて2つあります。 ひとつは転倒など比較的小さな力で骨折するタイプで、多くは骨粗鬆症を伴った高齢の方に見られます。 もうひとつは交通事故や転落といった大きな力が太ももに加わり骨折するタイプで、これは比較的若い方に多く見られます。

また折れ方も大きく分けて2つあり、骨折が膝関節まで及んでいるかどうかが重要です。 膝の関節面とは太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の接するところです。 膝関節面に骨折が及ばないものは高齢者の転倒により生じることが多く、比較的単純な骨折であるといえます。 対照的に膝関節面まで骨折が及ぶタイプはより複雑といえ、高齢の方でも見られますが、青壮年の比較的若い人が交通事故や転落などにより発生しやすい骨折です。 関節に骨折が及んでいるかどうかを知ることは治療法を決めるにあたり大変重要ですので、X線検査だけでなく通常CT検査が行われます。

【治療法】

骨折部に転位(ズレ)がなければギプス固定や牽引(下肢をしばらくの間引っ張っておく)など手術をしないで治療する方法もありますが、長い期間寝たままの状態になりますので苦痛を伴う期間が長く、最終的に膝の動きが悪くなる、歩行能力が落ちるといった後遺症が残る確率が高くなります。
ただ多くの場合において骨折部は転位していますので、現在ではほとんどの患者さんで手術を行います。 手術の良いところは、早く膝関節を動かし筋力をつけるなど、後遺症を少なくするためのリハビリテーションが早期に行える点にあります。 これは早い社会復帰にもつながります。そして手術をすれば車椅子への乗り移りも比較的早期にできるようになりますので、床ずれや静脈血栓症の予防にもなります。

手術法は大きく分けて髄内釘で固定する方法とプレートで固定する方法の二つが行われることが多いといえます。 髄内釘による手術とは、膝にあるお皿の下の皮膚を切りそこから金属でできた棒状のもの(髄内釘)を挿入し固定する方法です。 またプレート固定は太ももの外側の皮膚を切って骨折しているところを元の状態に戻したあと、金属でできたプレートとスクリュー(ネジ) で固定するものです。 どの手術でなければいけないというものではありませんが、高齢者の骨折や骨折が膝関節に及ばない単純な骨折型では髄内釘が、若年者・青壮年の骨折や膝関節に骨折が及んでいる複雑な骨折ではプレート固定が選択されることが多いといえます。 しかし病院により手術法は若干異なる可能性がありますので、担当の整形外科の先生とよく相談してください。

【リハビリテーション】

理想は手術翌日から痛みに応じて膝関節を動かす練習(関節可動域訓練)や膝の周りの筋力増強トレーニングを行うことです。 ただ手術をしても骨折がひどくて骨折部の安定性が十分でないと判断された場合や、骨粗鬆が強く骨折部の固定性が強くない場合は、手術後1~3週間くらい間をあけてからリハビリテーションを開始します。 骨折が複雑でない場合は、手術後1ヵ月くらいしてから骨折した足に体重を少しずつかけていく歩行訓練が可能になりますが、多くの場合骨折した足に体重をかけ始めるのは手術後6~8週間経過してからになります。

【後遺症】

大腿骨遠位部骨折に特徴的なものを挙げます。

歩行能力の低下:

特に高齢者の方では、例えば骨折前に普通に歩いていた方が杖が必要になったり、骨折前に杖で歩いていた方が家の中では何とか歩けるものの外出時には車椅子が必要になるなど、歩く能力が落ちる可能性があります。 若い方でも重労働の仕事やスポーツには制限が残ることがあります。

膝関節可動域制限:

膝がまっすぐ伸びない、完全に曲がらないなど膝の動きが悪くなる事です。 この骨折をしますと特に高齢者の方では正座ができない、和式トイレが使えないなどの不便な状態が残る可能性があります。 若い方でも骨折自体が重度のものが多いため、膝の動きに制限が残ることがあります。

つまりこの骨折は手術法や手術器械などの進歩により以前よりは良く治るようになってきましたが、まだ後遺症が残りやすい治療が難しい骨折といえるのです。

図2.高齢者の骨折時X線写真 髄内釘による手術後X線写真

図2.高齢者の骨折時X線写真 髄内釘による手術後X線写真

図3.若年者の骨折時X線写真とプレート固定による手術後X線写真

図3.若年者の骨折時X線写真とプレート固定による手術後X線写真

ページの一番上へ

ホームへもどる