ホーム一般の方へ上肢の骨折> 肘頭骨折

肘頭骨折

森川 圭造(森川整形外科医院)

肘頭は、肘の関節の後方に存在し、一般に「肘鉄」と言われる肘の頂点の部分です。
この肘頭の役目は、上腕と呼ばれる二の腕と前腕とを繋ぐ蝶番の働きをし、肘関節の曲げ伸ばしを滑らかにすることです。

一般に肘頭骨折は、転んで肘をぶつけた、転んだ時に手をついたなどの原因で骨折すると言われています。
図1の様に、肘頭が骨折すると、そこに付着している上腕の後ろに存在する上腕三頭筋という太い筋腱によって引っ張られ、肘頭は破断し、その折れた骨のカケラが引き裂かれた状態になります。
そうなりますと、肘の動きが自分の意思ではうまく動かなくなり、肘の働きは損なわれ、そして肘の当りが激しく腫れ、押さえると非常に痛みを感じる様になります。
場合によっては、肘の当りに窪みを触れることが出来、骨が折れているのが分かることもあります。

図1.受傷時。折れた肘頭の骨のカケラは、引き裂かれている。

肘頭骨折の治療は、手術を行わない保存的治療と言う方法と手術を行う外科的治療と言う方法の2つがあります。保存的治療は、肘頭が骨折しても、折れた骨のカケラが著しく引き裂かれなかった場合に、この治療法が選ばれます。具体的には、二の腕から手までの長いギプスを巻いて、肘を少しに伸ばした状態で約1ヶ月程度固定します。その後、肘の曲げ伸ばしのリハビリを行って治療する方法です。

外科的治療法は、肘頭が骨折して、折れた骨のカケラが著しく引き裂かれた場合は、この治療法が選ばれます。
肘頭骨折は、細い針金を巻いて固定する方法が良く行われています(図2)。
また骨折した骨のカケラがバラバラになって沢山ある場合は、金属のプレートを用いて固定する方法も行われています(図3)。
この2つの固定方法によって上腕三頭筋腱の強い引っ張る力に対抗して、骨折した肘頭が引き裂かれるのを防ぎます。
これらの方法は、骨折した肘頭を大変強く固定出来るので、手術後は、早々に肘の曲げ伸ばしを行うことが出来、治療後のリハビリの時間も短縮出来る長所を持っています。

このように肘頭を骨折するような怪我をした場合は、まず応急的な対処として、肘を少し曲げた状態にして、救急用の副木を用いて、もしそれが無ければ、それに替わる何かを使って、肘が動かないように努めてください。そして肘のまわりを氷叉は冷水で冷やして下さい。その後、専門医に相談をし、その治療方針を決めて頂くのが最良と思います。

図2.手術治療後。細い針金で結び付け固定する。この方法によって、折れた骨のカカラが引き裂かれるのを防ぐことができる。

図3.手術治療後。骨折した肘頭の骨のカケラがバラバラに沢山ある場合は、このように金属のプレートを用いて固定する。

ページの一番上へ

ホームへもどる