2021/08/03 【第47回学術集会発表論文の締め切りについて】

第47回学術集会の学術集会発表論文の締め切りは、2021年9月3日(金曜日)までとなります。
期日を過ぎますと自由投稿論文(有料掲載)扱いとなりますのでご注意ください。
2021/07/16 【第15回ベーシックコース研修会のご案内】

第15回ベーシックコース研修会を9/19〜10/16にかけ、オンデマンド配信にて開催いたします。
8/2(月)より参加登録を開始いたしますので奮ってご参加ください。
https://www.jsfr.jp/meeting/study.html

2021/07/06 【第9回Fragility Fracture Network Congress開催のお知らせ】

第9回Fragility Fracture Network Congress(FFN Global Congress 2021 – FFN (fragilityfracturenetwork.org))が本年9月28日−29日にオンラインで開催されます。奮ってご参加ください。
https://www.fragilityfracturenetwork.org/project/ffn_congress_2021/
2021/06/03 【Orthopaedic Trauma Course 2021のご案内】

OTA国際担当のTed Miclau先生より2021年9月30日から10月2日の日程で開催されるOrthopaedic Trauma Course 2021のご案内が届いております。
ご興味のある方は2021/1/12の『お知らせ』よりご確認ください。
2021/05/31 【日本における多施設大腿骨近位部骨折データベースレポートについて】

日本脆弱性骨折ネットワーク(FFN)から日本における多施設大腿骨近位部骨折データベースレポート(2017〜2020)が発表されました。
日本骨折治療学会も本事業に協力をしておりますので、下記リンクよりぜひご一読ください。
http://ffn.or.jp/677/

2021/04/23 【「地域における包括的外傷診療体制についての提言」に関するパブリックコメント募集について】

日本外傷学会 http://www.jast-hp.org/ から,「地域における包括的外傷診療体制についての提言」に関してパブリックコメント募集がありますので,当学会の会員の皆さまはどしどしご意見をお送りください.

2021/04/13 【APOAの外傷分科会オンライン講演会のご案内】

APOA(アジア太平洋整形外科学会)の外傷分科会(Asia Pacific Trauma Society)では、毎月オンラインでの講演会を開催しています。今月のテーマは、寛骨臼骨折です。4月18日に開催されます。登録・聴講は無料です。
日本からは、帝京大学外傷センターの鈴木卓先生の講演が組まれています。多数の参加をお願いします。

Presenting the monthly educational initiative of the Asia Pacific Trauma Society, with internationally renowned speakers.
Dealing with Pelvi Acetabular Injuries
April 18 / Sunday
Time:
Riyadh: 1.30 – 3.30pm
New Delhi: 4.00 - 6.00pm
Kuala Lumpur: 6.30 – 8.30pm
Seoul / Tokyo: 7.30 – 9.30pm
Melbourne: 9.30 – 11.30pm
https://webcastlive.co.in/apoatrauma/
2021/03/19 2021年度 新評議員の立候補について】

2021年度 新評議員の立候補を受け付けております。
締切は2021年4月30日となります。
必要書類等につきましては、学会事務局までメールにてお問い合わせください。
2021/03/18 【OTAのofficial open access journal : OTA International(OTAI)に論文掲載のお知らせ】

2021年3月15日より、International OTA(IOTA)でJSFRを含む各国のIOTA memberが共著執筆いたしました“Orthopaedic trauma care during the early COVID-19 pandemic”が医学雑誌”OTA International”に掲載され、Webにて閲覧可能となりました。
JSFRからは帝京大学医学部附属病院外傷センターの黒住健人医師、福島県立医大/新百合ヶ丘総合病院外傷再建センターの峰原宏昌医師が” Orthopaedic trauma care during the early COVID-19 pandemic in the Asia-Pacific region”のJapanの部分を担当執筆しております。
論文が書かれた時期と現在の状態が少し異なっておりますが、各国のCOVID-19 pandemicに対する初期対応と整形外傷治療の状況について述べられており、興味深い論文となっておりますので、多くの先生方に閲覧いただきたく存じます。
https://journals.lww.com/otainternational/pages/results.aspx?txtKeywords=covid++asia

2021/03/15 【国際委員会からのお知らせ】(再)
〜OTAメンバーシップのご紹介〜

OTA (Orthopaedic Trauma Association)の国際組織として 2017年にIOTA (International Orthopaedic Trauma Association) が設立され、JSFRも加入して活動中です。今後の予定として、2022年10月のOTA meeting(Tampa, FL)に日本がguest nationとして招待され、さらには2022年12月に第一回IOTA meetingがオランダ・アムステルダムで開催予定になっております。これらの国際活動に際しては多くの会員諸氏のOTAメンバーシップへの参加が必要であり、周知させて頂く次第です。どうぞよろしくお願いいたします。
2021年7月からのメンバーシップを2021年5月1日まで募集しております。
→  https://ota.org/membership/join-ota

IOTA参加国ならびにOTA guest nation予定国であるJSFR会員への特典として(2021年、2022年入会分)は年会費(1年325ドル)が初年度免除などの特典付きです(入会費は50ドル必要)。OTAメンバーの特典としては、Journal of Orthopaedic Traumaオンライン購読、Rockwood & Green Fractures in Adults/Childrenの最新版オンライン購読、さらには各種教育用手術ビデオの閲覧など年会費に比し破格の特典が付いてます。
書類はすべて英語で作成、記入下さい。入会された先生はOTA自体への入会手続きのほかにJSFR事務局にもご一報ください( jsfr@jsfr.jp )
2021/01/12 【Orthopaedic Trauma Course 2021のご案内】

OTA国際担当のTed Miclau先生より2021年9月30日から10月2日の日程で開催されるOrthopaedic Trauma Course 2021のご案内が届いております。
ご興味のある方はご一読ください。

Orthopaedic Trauma Course 2021のご案内
2020/12/15 【適切な抄録作成のためのテンプレート】について

この度、日本骨折治療学会では、より質の高い発表をしていただくために,抄録の書き方の標準化します。
抄録作成にあたっては、学会『会員必見 適切な抄録作成のためのテンプレート』をご確認ください。

2020/12/01 【Journal of Orthopaedic Trauma (JOT)2021】購読募集のお知らせ 

Journal of Orthopaedic Trauma 2021の学会員向けの購読募集を行います。
年間購読料は冊子体 26,000円、デジタル版 11,000円となります。
ご希望の会員はメールにて購読希望の旨を2020年12月14日(月)までにご連絡下さい。
尚、この購読斡旋は購読料を一括して海外送金いたしますので2020年12月14日(月)で締め切らせていただきます。ご希望の方は至急ご連絡下さい。

お名前(日本語、英語)
ご所属(日本語、英語)
送付先(日本語、英語)
メールアドレス
冊子体またはデジタル版のご希望
2020/11/02 【APOA (Asia-Pacific Orthopaedic Association)の Case-oriented trauma symposium】

2020年11月7-8日にかけて開催されるAPOA (Asia-Pacific Orthopaedic Association)の Case-oriented trauma symposiumのご案内です。
です。
すでに登録がスタートしておりますので、是非ご参加ください(登録料は無料です)。

https://apoatrauma2020.vamaevents.com/

2020/10/04 【FFN Asia-Pacific Regional Expert Meeting開催のお知らせ】

FFN Asia-Pacific Regional Expert Meetingがwebで2020年10月24、25日に開催されます。参加は無料です。奮ってご参加ください。

2020/09/25 【国際委員会からのお知らせ】(再)
〜2020 Annual MeetingとOTAメンバーシップのご紹介〜

@2020 OTA Annual Meeting
本年のOTA Annual Meetingですが、10月21〜24日にon lineで開催されます(アメリカCDTで日本との時差14時間)。時差の関係もありフル参加は厳しい面もありますが、なかなか参加できない先生にとっては日本に居ながら参加できるまたとない機会です。OTA会員の参加費が10/1までのregistrationで195ドル、それ以降は245ドルですが、下記にもありますように日本が2022年のguest nationであり、非会員でもこの値段での参加が可能です。興味ある先生は参加ご検討の程、どうぞよろしくお願いいたします。
 https://ota.org/education/2020-annual-meeting

AOTAメンバーシップのご紹介
OTA (Orthopaedic Trauma Association)の国際組織として 2017年にIOTA (International Orthopaedic Trauma Association) が設立され、JSFRも加入して活動中です。今後の予定として2021年11月に第一回IOTA meetingがオランダ・アムステルダムで開催、さらには2022年10月のOTA meeting(Tampa, FL)に日本がguest nationとして招待される予定になっております(いずれもコロナ禍で1年延期となりました)。これらの国際活動に際しては多くの会員諸氏のOTAメンバーシップへの参加が必要であり、周知させて頂く次第です。どうぞよろしくお願いいたします。
2021年1月からのメンバーシップを2020年11月1日まで募集しております。
→  https://ota.org/membership/join-ota

 IOTA参加国ならびにOTA guest nation予定国であるJSFR会員への特典として(2021年、2022年入会分)は年会費325ドルが初年度免除などの特典付きです(入会費は50ドル必要)。OTAメンバーの特典としては、Journal of Orthopaedic Traumaオンライン購読、Rockwood & Green Fractures in Adults/Childrenの最新版オンライン購読、さらには各種教育用手術ビデオの閲覧など年会費に比し破格の特典が付いてます。
書類はすべて英語で作成、記入下さい。
入会された先生はよろしかったらOTA自体への入会手続きのほかにJSFR事務局にもご一報ください( jsfr@jsfr.jp )
2020/09/11 第46回学術集会発表論文の投稿締切について(再)】

第46回学術集会の学術集会発表論文の締め切りは、2020年9月15日(火曜日)までとなります。
演者の方は、学術集会への事前参加登録および発表スライドのご登録後、期日までにご投稿ください。期日を過ぎますと自由投稿論文(有料掲載)扱いとなりますのでご注意ください。
2020/09/11 【国際委員会からのお知らせ】
〜2020 Annual MeetingとOTAメンバーシップのご紹介〜

@2020 OTA Annual Meeting
本年のOTA Annual Meetingですが、10月21 – 24日にon lineで開催されます(アメリカCDTで日本との時差14時間)。時差の関係もありフル参加は厳しい面もありますが、なかなか参加できない先生にとっては日本に居ながら参加できるまたとない機会です。OTA会員の参加費が10/1までのregistrationで195ドル、それ以降は245ドルですが、下記にもありますように日本が2022年のguest nationであり、非会員でもこの値段での参加が可能です。興味ある先生は参加ご検討の程、どうぞよろしくお願いいたします。
 https://ota.org/education/2020-annual-meeting

AOTAメンバーシップのご紹介
OTA (Orthopaedic Trauma Association)の国際組織として 2017年にIOTA (International Orthopaedic Trauma Association) が設立され、JSFRも加入して活動中です。今後の予定として2021年11月に第一回IOTA meetingがオランダ・アムステルダムで開催、さらには2022年10月のOTA meeting(Tampa, FL)に日本がguest nationとして招待される予定になっております(いずれもコロナ禍で1年延期となりました)。これらの国際活動に際しては多くの会員諸氏のOTAメンバーシップへの参加が必要であり、周知させて頂く次第です。どうぞよろしくお願いいたします。
2021年1月からのメンバーシップを2020年11月1日まで募集しております。
→  https://ota.org/membership/join-ota

 IOTA参加国ならびにOTA guest nation予定国であるJSFR会員への特典として(2021年、2022年入会分)は年会費325ドルが初年度免除などの特典付きです(入会費は50ドル必要)。OTAメンバーの特典としては、Journal of Orthopaedic Traumaオンライン購読、Rockwood & Green Fractures in Adults/Childrenの最新版オンライン購読、さらには各種教育用手術ビデオの閲覧など年会費に比し破格の特典が付いてます。
書類はすべて英語で作成、記入下さい。
入会された先生はよろしかったらOTA自体への入会手続きのほかにJSFR事務局にもご一報ください( jsfr@jsfr.jp )


2020/08/03 【第46回学術集会発表論文の投稿締切について】

第46回学術集会の学術集会発表論文の締め切りは、2020年9月15日(火曜日)までとなります。
演者の方は、学術集会への事前参加登録および発表スライドのご登録後、期日までにご投稿ください。
期日を過ぎますと自由投稿論文(有料掲載)扱いとなりますのでご注意ください。

2020/07/31 【緊急募集:COVID-19感染に関する症例報告】

第46回日本骨折治療学会学術集会では、新型コロナウイルス(COVID-19) 感染に関連した、骨折患者治療の症例報告を緊急募集いたします。

COVID-19は今後、再度感染拡大することが懸念されております。
これまでの学会員のCOVID-19感染に関連した骨折治療経験を共有させていただくことにより、今後の同症例へのより良き対応に寄与することを期待しております。
多くの先生方のご投稿をお待ちしております。

詳細につきましては学術集会ホームページをご覧ください。
http://www.congre.co.jp/jsfr2020/covid/index.html

2020/07/28 【第46回学術集会 オンライン事前登録開始のお知らせ】

第46回学術集会(会長 神宮司誠也)を以下の日程で開催いたします。
7月21日よりオンライン事前参加登録を開始いたしましたので、奮ってご登録ください。

【早期割引(早割)適用期間】
2020年7月21日(火)正午 〜 8月21日(金)正午まで
【通常料金 受付期間】
2020年8月24日(月)11:00 〜 9月21日(月)17:00まで

詳しくは第46回学術集会ホームページをご確認ください
http://www.congre.co.jp/jsfr2020/index.html
オンデマントコンテンツ配信 
2020年9月11日(金)〜10月30日(金)※予定
ライブ配信 
2020年9月19日(土)〜21日(月・祝)
オンデマンドコンテンツ(アーカイブ)配信  
2020年11月4日(水)〜12月25日(金)※予定

2020/07/09 【第46回日本骨折治療学会 バーチャル学術集会 開催について(第2報)】

本会では、7月21日(火)正午より、事前参加登録および発表者の先生方のスライド登録を開始いたします。
本会の主要プログラムとあわせて、HPに詳細を掲載していますので、ご確認ください。
http://www.congre.co.jp/jsfr2020/

2020/04/10 【政府の緊急事態宣言にかかる事務局の対応について】

政府の緊急事態宣言発令を受け、事務局のこれまでの在宅勤務の体制を
宣言終了の5月6日まで継続いたします。
また、電話対応は4月10日以降中止させていただきます。
お問い合わせはすべてメールでお願いいたします。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
日本骨折治療学会メールアドレス jsfr@jsfr.jp

一般社団法人日本骨折治療学会 
理事長 渡部 欣忍
2020/04/09 【OTAのofficial open access journal : OTA International(OTAI)のご紹介】

昨年、International OTA(IOTA)でJSFRを含む各国のIOTA memberが共著で執筆いたしました“IOTA Special Issue on Hip Fractures”が掲載され、Webにて閲覧可能となりました。

JSFRからは富山市民病院の重本医師、長崎大学の宮本医師、福島県立医大/新百合ヶ丘総合病院の峰原医師が”Hip fracture care and national systems: Australia and Asia”のJapanの部分を担当執筆しております。
各国のHip fractureの現況がより理解できる論文となっておりますので、多くの先生方に閲覧いただきたく存じます。

https://journals.lww.com/otainternational/pages/currenttoc.aspx
2020/03/30 【事務局職員の在宅勤務について】

ご承知のように東京都内におけるCOVID-19の急速な感染拡大を受け、3月25日に小池都知事から記者会見を通じて、週末の外出自粛に加え、在宅勤務についての要請がありました。
会議支援センターとしましても職員の安全確保を図るとともに、万が一の感染のオーバーシュート時にも必要最小限の事務局機能の維持が不可欠と考え、令和2年3月31日より職員には在宅勤務を行うことといたしました。期間は当面2週間程度を予定しておりますが、感染の状況によっては延長もあり得ますので、その際にはまたお知らせいたします。
平日は職員1名がAM10:00-PM4:00まで勤務(時差出勤の状況により若干前後する場合があります)しますが、基本的には電話は緊急の場合を除いて対応できませんので、お問い合わせやご依頼は下記メールによりお願いいたします。
皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

事務局メールアドレス:jsfr@jsfr.jp

一般社団法人日本骨折治療学会
理事長 渡部 欣忍

2020/03/29 【第46回日本骨折治療学会学術集会 開催について】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが生じております。第46回日本骨折治療学会学術集会(2020年7月3日・4日)の開催につきまして、中止・延期・WEB開催等の可能性を、現在、理事会を中心に慎重に検討を重ねております。学術集会開催日の2ヵ月前の5月2日に、学術集会開催の有無の最終判断をお知らせする予定でございます。

査読、演題採用、座長、プログラム作成等は、例年通りのスケジュールで進めてまいりますが、開催延期等が生じた場合には、大幅な変更が生じる可能性をご承諾ください。

なお、オーバーシュート(感染爆発)等により、予定よりも早く最終判断を下す場合がございますので、こまめに日本骨折治療学会と第46回学術集会のホームページをご確認くだされば幸いです。

The pandemic of COVID-19 has occurred. Regarding the 46th Annual Meeting of the Japanese Society for Fracture Repair (July 3 - 4, 2020), the Board is currently carefully discussing the possibilities of Cancellation, Postponement, Webinar, etc. On May 2, two months before the date of the annual meeting, we will inform you of the final decision on whether or not the academic meeting will be held.

Abstract evaluation, decision of chairs, academic program production will progress as scheduled. In case of postponement, please understand that there may be significant changes of the usual schedule.

We may make a final decision sooner due to as overshoot or other of the virus, so please check both websites of the 46th annual meeting (http://www.congre.co.jp/jsfr2020/index.html), and this homepage.

2020年3月30日
一般社団法人日本骨折治療学会 理事長 渡部欣忍

2020/03/27  【1st Triennial Meeting IOTA 2020のご案内(再)】

日本骨折治療学会
会員 各位
平素より日本骨折治療学会国際委員会ならびにIOTAの活動にご理解ご協力を賜りまことにありがとうございます。新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミックがたいへん憂慮されるところであり、先日ご案内させて頂いた1st Triennial Meeting IOTA 2020の開催もきわめて流動的ではありますが、再度のご案内とアップデートをさせて頂きます。締め切りが2020年5月10日に変更になりました。先生方の施設からの奮ってのご応募をどうぞよろしくお願い申し上げます。募集要項およびトピックスにつきましては2020/1/31の記事をご参照ください。
OTA会員にならずとも日本骨折治療学会会員であれば応募可能です。

ホームページ:  http://iota2020.com
Submission Form:  http://abstractsubmission.nl/iota-traumadagen

補足:2017年10月に、IOTA (International Orthopaedic Trauma Association) が日本(日本骨折治療学会)を含む10カ国を創立メンバーとして設立されましたが、3年に一回開催予定の第一回IOTA meetingが2020年12月2〜4日オランダ・アムステルダムで開催されます(Dutch Trauma Conferenceと併催)。日本骨折治療学会もIOTA加入国として国際的な学術活動をさらに活発にしていく必要性が高まっております。

一般社団法人日本骨折治療学会
理事長 渡部 欣忍
国際委員会担当理事 野田 知之
2020/03/03 【ニュースレター 創刊号】発行のおしらせ

学会員向けのニュースレターの創刊号が発行されました。
会員専用ページよりご覧いただけますので、ぜひご一読ください。
2020/03/03 【第8回日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会 延期のご報告】

3月6日〜8日に香川県高松市で開催予定であった「第8回日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会」は、新型コロナコロナウイルス感染症拡大の影響により、開催日を延期することといたしました。

詳細につきましては日本脆弱性骨折ネットワークホームページをご確認ください http://ffn.or.jp/donation/
▼管理画面へ